2018年12月31日

「今年もありがとうございました。」







一年が短い





若い頃と違って、年々お正月の特別感が無くなっていきます。

特に来年の1月は、ニューヨークでのグループ展が待っているので、心は不安定です。

作品は全て完成したので一段落ですが、次はこれらを送る準備と手配をしなくてはいけません。
ダンボールを加工して極力ぴったりサイズの梱包をしないと、輸送料にも反映しますから。

それよりも、何よりも、現地での生活や移動が一番不安なのです。
ただでさえ知らない人間とは話をしたくない性格です。
それが言葉が通じない人しかいないと思うと、余計に憂鬱なのです。

しかしまあ、同じ人間ですから何とかなると思うしかないのです。
宿泊代も節約したんで、毎日ギャラリーまで地下鉄で30分間かけて移動です。

まさかこの歳になって、こんな経験をすることになるとは全く考えていませんでした。
カミさんと二人で年に一、二度、ゆっくり国内旅行でもできればと思っていたのですから。

しかし、自分よりも随分歳上の百鬼丸さんが常にチャレンジしている姿を見ていると、この歳でそれを辞めてはいけないと思うのです。
クリエイターを目指して、この世界に入って、これを突き詰めるのは一生の仕事と改めて思い知らされました。
というか、創作活動が何よりも好きだし、人から評価されなくても、自分にはこれしかないのだという事も忘れかけていました。
そんな意味では、良い機会を与えてもらえたと思ってます。

来年はどんな年になるのか?
楽しみが増したことは、確かです。

今年も一年、お付き合い頂きありがとうございました。

毎日の独り言ですが、またよろしければ、来年もご訪問いただければ嬉しいです。
それでは皆様良いお年を。


ny_a01.jpg
*グループ展への作品その1

syuppan_cm02b.jpg
good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月28日

「 朝の散歩 30_1228 」






一年の足跡を 振り返る

何ができて 何ができなかったのか

歳と共に 出来ることは減って行く

出来ることが 減る分

集中するものに 向き合える





sa_30_1228.jpg
ー金沢 金沢城公園(AM.7:13)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月26日

「 朝の散歩 30_1226 」








動き出しさえすれば 

歩みを止めることを 考えない

それは無意識に リズミカルな波長となり

頭の中を 散歩しはじめる

疲れても 

歩み続けなければ

アビタシオンへは 帰れない







sa_30_1226jpg
ー金沢 広坂2丁目/いしかわ四高記念公園(AM.7:25)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月25日

「 朝の散歩 30_1225 」







誰の心の中にも 竜はいる

上を目指そうと 思う

勇気を持とうと 思う

世間を騒がせたいと 思う

ただ 竜を呼び出す 呪文も

人の心の中に ある




sa_30_1225.jpg
ー金沢 石川県立歴史博物館(AM.7:38)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月24日

「 プレゼント 」






心と心の交換






娘が大学生になった頃からでしょうか?
クリスマスイヴには、ちっちゃなプレゼントの交換を家族でしています。

子供達もそれぞれ社会人になって、そのイヴの日にはなかなか揃わなくなってしまったこともあるのですが、今年は3人で昨日家族パーティをしました。

なんて事もない、安価なプレゼント達ですが、お互いのことを想って交換するプレゼントは、とても温かみがあります。
その人の想いが嬉しく感じるものです。

プレゼンは送られた人はもちろん嬉しいと思うのですが、贈った方もその人の笑顔がそのお返しのように思える。
だから人に何かをしてあげたいと思うのかも知れません。

心と心の交換。

寒い冬の日のクリスマスは、尚更温かさが増して感じます。



present.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月21日

「 朝の散歩 30_1221 」







肩書きもなく

飾る服もなく

本当の 自分を映す

その影は 美しいか

いや 影を 残せるか




sa_30_1221.jpg
ー金沢 浅野川/田井町(AM.7:29)ー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月19日

「 朝の散歩 30_1219 」






若い頃 雲の上を目指す 階段を探した

歳を重ねるごとに視線は 下を向き

己を知り 自分の足元を見つめる

今 雲の上を見ようとするのではなく

視線を少し上げるだけで 心は上向く





sa_30_1219.jpg
ー金沢 里見町(AM.7:38)ー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月18日

「 朝の散歩 30_1218 」







白は 何色にも 染まる

白は 中を想像させる

白は 他の何より

心を 刺激する 




sa_30_1218.jpg
ー金沢 21世紀美術館(AM.7:30)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月17日

「 グループ展 」







緊張の一ヶ月です。






過去に個展やグループ展を何回かやって来ました。

今、制作している作品も、来年開かれるグループ展用のものです。
少し大きめな画面に描こうとすると、ついつい身構えてしまっていつものように気軽に描けないのですが、ようやく目処が付いて来ました。
それと言うのも、いつも以上に力が入ってしまうからなんですけどね。

来年1月24日から2月の3日までニューヨークのブルックリンでグループ展をやります。
切り絵作家の「百鬼丸さん」からお誘いを頂いて、参加することにしました。

当初は、作品だけを送って国内で見守ろうとも考えていたのですが、そうなると百鬼丸さんが、搬入も搬出も全てやる事になってしまうので、申し訳ないと思い、せめて搬出のお手伝いだけでもと、渡米する事にしました。
参加者は10人なので、他にも手伝ってくれる方々はいるとは思うのですが、こんな事でもないと、もう一生ニューヨークには行くことはないだろうと言う思いもあります。

それからは、渡航や作品の輸送のことや、もちろん作品制作のことやらで頭がいっぱい。
朝、目が覚めると「あれもしなければ、これもしなければ・・・。」と憂鬱な日々を過ごして来ました。

それに加えて仕事もしなければいけないので、頭が禿げる思いです。

ニューヨークは約30年ほど前に一度だけ男6人で行ったことがあるのですが、ほとんど人任せ。
それ以来海外へ行くこともなかったので、パスポートを取るのもそれ以来。
それに加えて、近年ではESTA(米国用のビザ)を自分で申請しなければいけない。

英語もろくに出来ない自分が、アメリカへ一人旅です。

でも、海外の方達が、自分の作品をどう評価してくれるのか?
そんなことに興味が湧いて来ます。

いろいろ不安な要素を考えるとキリがないので、ここはもう覚悟です。
現地のことをトコトン調べた後はプラスのイメージだけを持って、いざ出陣です。

まだ一ヶ月以上あるのですが、今月いっぱいに作品をもう一点完成させなくてはいけないので、少々焦りながら毎日をおくっています。


group_ten.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月14日

「 朝の散歩 30_1214 」







淡墨色の世界の 住民は

虹色の橋を 渡る夢を見た

色を奪われた 住民は

恐る恐る 黒の橋を渡り その世界を抜け出し

色のカケラを 拾い集める

一粒の色のカケラを まるで宝石のように

愛おしく 眺め ポケットに入れる

顔を上げると 遥か彼方に

虹色の橋が 見えた





sa_30_1214.jpg
ー金沢 兼六園下(AM.7:42)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記