2017年06月06日

「 朝の散歩 29_0606 」









青は 地球の色

宇宙を見上げても 宇宙から見下ろしても

青に包まれてる

地球人の色






sa_29_0606.jpg
ー金沢東山 天神橋ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月05日

「 こんなのできませんか? 」








必要がないと思えば、必要ない







現在使っているスマホは買って3年ほど経っているでしょうか?
通常の家電品だと、3年はまだまだ新しいと感じるものですが、コンピュータやこのスマホの場合は、もう古いと感じてしまいます。

それだけこれらの世界は変化が激しいって事です。

でも考えてみると、様々な機能のうち、使っているのは極限られたもの。
必要だと思って入れたアプリも、ほとんど使わない。
本当に必要だと感じるのは、ナビ機能と、東京へ行った時の電車の乗り換えアプリくらいなものでしょうか?

散歩する時も、イヤホンで音楽を聴くよりも、自然や街の音を聴く方が刺激があるし、楽しい。

増してこの歳になると老眼で、小さな画面を見るのは辛いので、iPadの方がメインになってしまいます。

外出時に何かで待ち時間ができてしまった場合に、テザリングでiPadを使う事が多々あるので、これはあった方が良いとは思うんですけどね。

こう考えると、一番効率的なのはガラケイにテザリング機能が付いていれば自分にとっては一番なわけです。

データ通信の容量も平均すると2ギガほどしか使ってないし、本当に通話とテザリングだけできれば、あとは何にも要らない。
そんなプランを何処かの電話会社が作ってくれないものでしょうかねぇ。

konnano.jpg


mizutama_cm02.jpg
gob_cm02.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月02日

「 朝の散歩 番外編0602 」







人も 想い出も 運ぶ

ビルの間を駆け抜ける

兄さん 粋だねぇ〜

人力の 力







sa_29_0602.jpg
ー金沢 橋場町 5月29日撮影ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月31日

「 朝の散歩 29_0531 」








鳥居をくぐり 手を合わせる

独り立ちして 我を願う

家族を持って 子を願う

二人になって 家を願い

家に 祈る






sa_29_0531.jpg
ー金沢東山 宇多須神社ー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月30日

「 朝の散歩29_0530 」






人を惑わす 魔法の液体

光の世界にも 闇の世界にも 行ける

不思議なドアが 現れる

そこに入る 魔法の呪文は

心の中にある




sa_29_0530.jpg
ー金沢片町 PREGOー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月29日

「 鈴木大拙館 」






瞑想できる空間





金沢に住んでいて、恥ずかしながら初めて鈴木大拙館に行って来ました。
禅の教えを元に、人の生き方を説いた世界的な哲学者です。

一言で感想を言えば、「また行きたい!」

この方の残した言葉や作品に出会えることは勿論ですが、この空間は言葉には表せない、何とも気持ちいい異空間にいるような体験が味わえる。
その場所にいるだけで、瞑想をしているようにも思える。

入場料300円で心の栄養を補充できる。

具体的にどうこう言えないのですが、自分の美的価値観も根底には「禅」の心があるのではないかと感じています。

カメラを持って行ったのですが、思うような写真は撮れなかった。

もう一度チャレンジしたいし、いろいろ頭の整理をしたいのです。


suzuki_dai.jpg


mizutama_cm02.jpg
gob_cm02.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月26日

「 朝の散歩 29_0526 」





人を迎える 人をおくる

明日への入り口 昨日からの出口

若い頃は 特急電車に乗って

目的地だけを見ていた

鈍行列車の 窓を眺めながら

次はどの駅に降りようか

心の中の 車窓を眺めて






sa_29_0526.jpg
ー金沢駅 地下ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月24日

「 朝の散歩 29_0524 」





「こら! このぼうずども」

近所の 悪ガキ達が 集まる

いたずらの 花が咲く

イガグリ頭の ネギぼうず

どんな いたずらの 相談か





sa_29_0524.jpg
ー金沢 鈴見町ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月23日

「 朝の散歩 29_0523 」





遠くを 見る

旅が はじまる

見える 遠くは 夢が膨らむ

見えない 遠くは 不安だらけ

だから 一歩ずつ




sa_29_0523.jpg
ー金沢 兼六元町ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月22日

「 懐かしくもありますが 」








人の都合には合わせてくれない。






今年になって、以前には大して聞こえなかった音が気になります。

カエルの声です。
夜はもちろんの事、昼間でも大勢の声が大きく聞こえるので、その場所まで見に行くと水草が茂り、水が滞った場所には大量の殿様ガエル。しかもみんな大きい。

9年前の浅野川洪水のあと、河川の整備が行われて、川の中の水草や体積した土は一切なくなりました。

当時、自然の物が何もない、単なる用水のようにしか見えなくなってしまった風景を見るにつけ、何とも味気ない思いをしたものですが、さすがに時が経つと水草が茂り、川に命が蘇ったと思える風景に戻る。

去年まではカジカの声しかしていなかったのです。
カジカの澄んだ悲しげな声は風情を感じるのですが、殿様ガエルのそれは、ちょっと耳障り。
勝手なものです。

裏庭に毎年大量に発生する虫も、その年によって種類が違います。
今年は小さな蚊トンボのような虫が、嫌と言うほど湧いてきます。

こんな事を書いてる今、市役所からの市街放送で、「末広町で熊が出没しました。人に危害を加える恐れがありますので、近寄らないで下さい。」って放送が聞こえてきました。

自然は、なかなか人の都合には合わせてはくれない。


kaeruga.jpg

mizutama_cm02.jpg
gob_cm02.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記