2019年10月25日

「 朝の散歩 2019_1025 」






毎日 毎日

何百という人が 私の前を通り過ぎる

初めて見る 日本の風景に 感動しながら行く 外国の人

会話に夢中で 楽しそうな 男女

眠そうな 団体旅行の集団

大声で 笑いながら歩く おばちゃん達

私の存在に 振り返る人はほとんどいない

私は 踊ることも 歌うことも できない

毎日 ただ この場所で佇むだけ

精一杯の 笑顔を 振りまいて

そんな私に 気づいてくれて ありがとう






sa_19_1025.jpg
ー金沢市 東山茶屋街(AM.7:04)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月23日

「 朝の散歩 2019_1023 」







春に満開の花を咲かせた 桜は 

秋に 何を思う

夏を謳歌した ヤマユリは

今 何を思う

冬の時代が 続くのか

次節への 期待は 大きいか






sa_19_1023.jpg
ー金沢市 金沢城公園(AM.7:32)ー



posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月22日

「 朝の散歩 2019_1022 」








崇拝でも 信仰でもない

象徴としての 形がある

でも 人々は 癒され 頼り 支えを求める

時代は変わっても

変わらないものが ある

それぞれの 心の中にある

神のように






sa_19_1022.jpg
ー金沢市 金沢神社(AM.7:21)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月21日

「 自分を知る 」





親を見れば、自分が判る




自分の父親は、公務員でした。
戦後満州から引き揚げて来て、最終的にこの金沢の地を選んで職に就いた訳です。

この年代の方々は仕事人間が多いのだと思います。
特別趣味を持たない。仕事以外に興味を持たない。休みの日は何をしたら良いのか分からない。

自分の父もそんな感じの人でした。
若かった自分はそんな父の姿を見て、「なんと面白みのない人だろう。仕事以外の時間をもっと自分の為に使えばいいのに」と思ったものです。

そんな自分も現在当時の父親以上の年齢になって我が身を見ると、同じような事をやっていると感じるのです。
父は若い頃は野球をやったり、テニスをやったり登山をしたり、そんな趣味を持っていたそうなのですが、自分も若い頃はテニスをやったりキャンプをしたり、バンドでベースを弾いたりしたものです。
でも、今はどうかと言うと、これと言った趣味はありません。
趣味は?と聞かれれば「絵を描くこと」と応えるでしょう。
つまり、仕事繋がりのことしかやっていない。

散々バカにしていた父と同じことをやっているのです。

しかし、父は家族と行動することや、家の修理をすることは好きでした。
決して上手とは言えませんが、絵を描くことも好きでした。
自分も家族と計画を立てることは大好きです。
もの作りが好きだった父の性格は自分にも受け継がれています。

先日、某占い師の方が出した占い本をみると、自分の性格は「明るいマイナー思考」とあります。
よくぞ自分の性格をピタリと当ててくれたものです。
そう言えば、母はとてもマイナー思考な人でした。

性格は遺伝するのです。
親の嫌な部分を見て批判はできるのですが、それはソックリそのまま自分の欠点であり、長所でもあるのです。
この歳になって、やっとそんな簡単なことに気づくのですが、もっと若い頃に気づいていれば、もう少し優しくできたのかも知れません。

何でそんなことを今日書きたくなったのか?
自分でも分からない。



jubun_shi.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月18日

「 朝の散歩 2019_1018 」






母なる 川は

時に優しく 時に激しい

お怒りは ごもっとも

でも できることなら

優しく 囁いて ほしい

優しく 子守唄を 歌っていて ほしい




sa_19_1018.jpg
ー金沢市 浅野川(AM.6:57)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月16日

「 朝の散歩 2019_1016 」






長い年月をかけて 熟成する

長い月日をかけて 生きる

味わいが 生まれる

まだまだ 熟成期

栓をあける訳には いきません

この人生

もっと美味しく なるはずです





sa_19_1016.jpg
ー金沢市 高岡町(AM.7:33)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月15日

「 朝の散歩 2019_1015 」








側室の 住まいから

軍隊の司令部へ 

そして 学生の学びの屋へ

時は移り 観光の場へ

好き放題に 使われて

前田の殿様は 何を思う






sa_19_1015.jpg
ー金沢市 金沢城公園/旧陸軍第六旅団司令部(AM.7:21)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月14日

「 特別ではなくなること 」






不安だった2日間。





幸い金沢は、台風19号の影響も思ったほどなく、安心して今日を迎えることができました。
被災された地域の方々には、心からお見舞い申し上げます。

テレビでその災害の凄さを見ているだけで、胸が苦しくなります。
今までにない超大型と勢力の台風と解説されていますが、地球の温暖化で今後もこのクラスの台風や大雨は珍しくはなくなると言われています。
日本の何処かで、毎年の様にこの様な災害が起きてもおかしくないと言うことです。

9/23日にニューヨークで開かれた「温暖化対策サミット」。
ここでスピーチしたスウェーデンのグレタ・トゥーンベリさん(16歳)がいますね。
そのスピーチを聞いて一人の大人として、自分はとても恥ずかしいと思いました。
ですが、この少女のスピーチを茶化したり、無視する大人達が多くいる様です。

人間は一度楽な思いをすると、そこからは中々抜け出せないのだと思います。
しかし、彼女が言う様に、人類滅亡の道から我々は未だに抜け出せずにいると思うのです。

個々に何ができるのか?そんな事を考えてみるのですが、直接大きく地球温暖化を防ぐ様なものは頭には浮かびません。
せいぜい車に乗る回数を減らして歩く様にしたり、無駄な電気は使わない様にしたり、出来るだけゴミを出さない様にしたり、その程度のこと。

でも個々が小さな事でもいいから意識の中にそれを置くことはとても大切だと思うのです。
大きな事は政治家に任せるしかないのです。

地球にとって人類は身体に取り憑いた「ガン」の様な存在だと思うのです。
このまま人間の好き放題をやり続けると、地球は必ず自らをリセットします。

このガンの様な存在は消去されると思うのです。

SF映画でみる風景。
何百年後かの地球の姿。
そこにはもう文明の形も影もなく、大自然が広がっている。

そんな景色を頭に描いてしまうのです。



tokubetu_nai.jpg

syuppan_cm02b.jpg


good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月11日

「 朝の散歩 2019_1011 」








明日を 恐れる

明日の風 明日の空を

「平凡」の文字が 

「幸せ」の文字に 重なる

全て 無事 過ぎ去ることを

願う




sa_19_1011.jpg
ー金沢市 主計町(AM.7:21)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月09日

「 朝の散歩 2019_1009 」







背伸びをする

陽に あたる

低いよりは 高い方がいい そう思う

でも 風当たりは強く 日差しも強い

それなりの 力がないと

崩れてしまう





sa_19_1009.jpg
ー金沢市 尾山町(AM.7:07)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記