2020年02月28日

「 朝の散歩 2020_0228 」






暗闇の中 人は 吸い寄せられるように

灯りを求め 灯りを 辿る

その先を疑いもせず ただただ 後を追う

この誘惑の主を 知る術もなく

行き先も 分からないのに






sa_20_0228.jpg
ー金沢市 長町1丁目(AM.7:12)曇りー





 
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月26日

「 朝の散歩 2020_0226 」






人が 創る もの

神が 創る もの

人も 神が創ったとしたら

人が創るものは 神力を 借りている






sa_20_0226.jpg
ー金沢市 橋場町(AM.7:35)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月25日

「 朝の散歩 2020_0225 」





木々は寄り添い 語り合う

雲や 風とも 語り合う

何十年 何百年も生きてきた

そんな思い出話を 語り合う

ちょっと俺を忘れないでと

お日様が 顔を出す







sa_20_0225.jpg
ー金沢市 金沢城址公園(AM.7:04)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月24日

「 大掃除 」








捨てる物 残す物






先日も書いたのですが、来年1月の個展に向けて、地下室の物置を作業部屋にする為に大掃除をしているのですが、とにかく両親が残した遺品が多い。

ボロボロになった桐のタンスやただ古いだけのタンスがまだ残っています。
そんな中、先日も比較的綺麗な書棚を中古買取の店に売ろうと運び出したのですが、何せ重い。
ちょっと床にずらしただけで、裏面や底の板がバリバリと音を立てました。

地下から地上へ、それを今度は車へと運ぶうちにサイドの化粧板も裂ける始末。
それでも買い取って貰えるかもと店へ持って行ったのですが、案の定「これは買取出来ません」と言われてしまった。

そんな事で、もう一つあった桐のタンスと共に、卯辰山にある埋め立てゴミ処理場行きとなりました。
タンス一点一点を市に頼むと、それぞれに1,000円のゴミ処理手続き用のシールを貼らなくてはいけません。
それを考えると、直接持って行った方が車一台分で1,200円。
ウチの車はミニバンなのでタンスをバラスと3竿位は積めるのです。

両親が亡くなってからもう何回もこれをやってるんですが、まだ物置の奥には2竿のタンスが残っています。

その作業の傍ら、ご先祖が残した遺品を取り出して整理をするのですが、これがなかなか珍しい物を発見したりもするのです。
大正時代の写真があったりすると、掃除もそっちのけで見入ってしまいます。
自分が知らない先祖の方々の方が多い。
女性の頭は日本髪で曲げがあったりします。
この方々が自分と血が繋がっていると思うと、とても不思議に思うのです。

自分達もその内あちらの世界に行って何十年も経つと、同じ様に感じる子孫達がいると思うと、これもまた不思議な感じがします。

今の時代は写真もデジタルですから、大掃除をしていて、ひょっこり写真が出て来るってことはないでしょう。
デジタルデータが入っている媒体からデータを取ろうとしない限り、見ることはなくなってしまうと思うのです。

DVDもSDカードもその物だけを見れば、ただのゴミになってしまう。

そんなことを考えると、自分がボケて何も出来なくなってしまう前に、デジタルデータの整理をしなければならない。
仕事で使ったパソコンの中身も綺麗に消去しなくてはいけません。
残す物と消去する物を区別する必要も出てきます。

今、両親の遺品整理をしていて思うのは、子供達にはこんな面倒をかけたくないと思うこと。
自分の存在を意図して残す必要もないと思うのです。

もし残すとすれば、子供達の思い出の中だけにあればいいんじゃないかな?

その他の物は、結局置き場所に困ってしまうゴミになってしまうように思えます。

残す物と捨てる物をハッキリ区別するってことは、生き方の方向を決めるってことでもあるのです。
人間関係も含めて。


ohsouji.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura

tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月21日

「 朝の散歩 2020_0221






注意される 叱られる

そんな事が 懐かしい

いつの間にか

人に気を使われ 忖度され

人は 傲慢になってゆく

影の声は 表の批判より厳しい





sa_20_0221.jpg
ー金沢市 大手町(AM.7:00)晴ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月19日

「 朝の散歩 2020_0219 」






想像の木の枝には 葉も実もない

その木の下に立ち 見上げる

すると それぞれの目に映るのは

様々な色と 形をした葉っぱや 実

人の数だけ 想像の木は 生まれる





sa_20_0219.jpg
ー金沢市 広坂/21世紀美術館(AM7:08)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月18日

「 朝の散歩 2020_0218 」






先をゆく 人がいる

それを追う 自分がいる

自分の後を 来る人がいる

同じ方向を向いていても

足跡の形は それぞれ違う

先人に敬意を 払い

自分を信じて 歩く






sa_20_0218.jpg
ー金沢市 東山/浅野川(AM.7:00)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月17日

「 我慢できずに 」





書かずにはおれないです。



あまり政治の話はしない方がいいのでしょうが、書きたくなります。

今の内閣と言うか、首相を盲目的に支持lする人達は国民の約30%だと聞きます。
でも支持率が50%を超えているのは、政治に関心が無い人達や、「現状普通に生活できているから今のままでいいんじゃない?」って思っている若者達がいるからだとも聞きます。

しかし、長期政権がもたらす馴れ合いや傲慢さは最近特に目に余ると感じるのです。

先般の国会で首相が飛ばした野次。

この方は以前から野党に対しての答弁でも、人を小バカにしたような態度や話し方をすることがありました。
その下品な態度を見ていて、とても腹立たしく感じるのです。

あなたを盲目的に支持している人達は、たかが国民の30%なのです。
その他の人達のためにも、誠実に質問に答える義務があるのです。

野党の後ろには、国民の耳があることを忘れているんじゃないでしょうか?
野党からの質問は国民からの質問だと言うことを忘れているんじゃないでしょうか?
その質問に対しても、自分に都合の悪いことは正面から答えず、論点をすり替える。

そんな態度からして、とても国民の方向を見て政治をしているとは思えないのです。

政治はどうでもいい。自分達には関係ないと思っている若者達に言いたい。
自分達の未来は自分達で考え、作るしかないんですよ。
しっかりこの国の在り方を見て欲しい。

将来この国は、民主主義国家として成立するのか、とても心配なのです。



gaman_de.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura

tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月14日

「 朝の散歩 2020_0214 」






「だーるまさんが こーろんだ」

気付かれないように 少しづづ

振り向くたびに 少しづづ

季節は移り 風も 景色も変わる

人も 毎日少しづづ 

同じ季節を 繰り返し

老いながらも 少しづづ

日ごと 成長し続ける






sa_20_0214.jpg
ー金沢市 子来町(AM.7:14)曇りー






posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月12日

「 朝の散歩 2020_0212 」






一瞬の「美」を凍らせて 取って置けたら

一瞬の「ワクワク」を凍らせて 取って置けたら

一瞬の「ときめき」を凍らせて 取って置けたら

一瞬の「偶然」を凍らせて 取って置けたら




sa_20_0212.jpg
ー金沢市 丸の内(AM.7:01)晴ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記