2020年08月19日

「 朝の散歩 2020_0819 」








光と影の使者達が 隣り合う

互いに競い合うのではなく

光は影となり

影は光と変身する

光と影の渦が 舞い踊り

そのステージが 始まる





sa_20_0819.jpg
ー金沢市 主計町(AM.6:52)晴れー






posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月18日

「 朝の散歩 2020_0818 」






一日にして 成せるものは

あまりにも 果敢ない

積み重ねた毎日が 不動の座を作り

自信に満ちた 顔を作る

無骨なその姿は 気高く美しい






sa_20_0818.jpg
ー金沢市 本多の森(AM.7:17)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月17日

「 お 盆 」







何故か今も・・・。






小学生の頃、お盆の時期には祖父に連れられて、高松町の親戚が経営している、ぶどう畑へよく遊びに行った。
そこは繊維工場も同時に経営していたので、日頃の自分の生活環境とは違うその組み合わせに、非日常を感じたものです。

ぶどう畑の中に入って見上げれば、限りなく葡萄の天井が続きます。
その砂地の中にある作業小屋の前で、デラウェアを箱詰めするお婆さんの仕事を、ずっと興味深く見ていたものです。

昔は兄弟が多い家が多かったので、その高松の家にも沢山の親戚が集まって昼から宴会が始まります。
初めてビールの味を知ったのもこの宴会の席です。
大人達が面白がって飲ませるのです。
と言っても小学生ですから、舐めた程度。
でも、そのひと舐めの苦いビールの味を、今も覚えているんです。
それは現在も好んで飲んでいるキリンのクラシックラガーでした。

今まで何十年も生きていろいろな経験をしている中、何故かこのぶどう畑のある親戚でのシーンは、今でも鮮明に覚えているのです。
自宅のふすまを取り払って出来た大部屋での宴会、誰もいない繊維工場、そこで昼寝をしている猫、その自宅からぶどう園へ行く為に渡る国道の風や日差し。
全てが昨日の事のように頭に浮かびます。

今は訳あって、もうこのぶどう園も繊維工場もありません。
どこに引っ越されたのかも分からない。

コロナの影響で里帰りも出来ない長男や、気軽に旅行も出来ないこの状況の中、ゆっくり時間が流れていた良き時代のことを、今年も思い出しています。


obon.jpg

syuppan_cm02b.jpg
good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月14日

「 朝の散歩 2020_0814 」






まっすぐ伸びる 一本道

曲がりくねった でこぼこ道

先が見えない 不安と期待

道草もまた 楽し





sa_20_0814.jpg
ー金沢市 犀川(AM.7:03)晴れー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月12日

「 朝の散歩 2020_0812 」






曇り 雨 晴れ

大雨 快晴 灼熱地獄

生きてると いろいろあるよなぁ







sa_20_0812.jpg
ー金沢市 東山1丁目(AM.6:58)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月11日

「 朝の散歩 2020_0811 」





訳がわからなくなるほど 酔いたくなる

そんな 日があった 若い頃

自分自身が 何者なのかも 分からなかった

歳を重ね 自分の正体が見えてくると

そんな飲み方は できなくなる




sa_20_0811.jpg
ー金沢市 木倉町(AM.7:07)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月10日

「 個展の為の時間 」






ようやく楽しくなってきた。





中学生の頃は油絵を習っていました。
その頃は、どんな作風が好きと言う訳でもなく、唯々絵を描くのが楽しかった。

その後成長して、いろいろな展覧会を見るにつけ、日本画のテクスチャーが好きになっていきました。
それに使われている岩絵具や胡粉のザラザラ感がです。

高校に入ってデザインの勉強をすることになり、ポスター制作や広告に興味が湧いてきた。
デザインってのは、人のためにする物なのですが、この頃は結局は自己表現の手段としてしか考えていなかった。

現在は仕事として、デザインもやってはいますが、結局のところやはり自己表現がしたい欲求の方が強いのです。

前にもお知らせした通り、来年1月の個展の為の作品作りをしています。
デザイナーやイラストレーターとしての頭の中をアート仕様に切り替えるのはなかなか面倒なのです。

今年は暇だと思っていたのですが、意外にも忙しい。
まだまだその忙しさは続くのですが、ようやく作品にも少しづづ時間が裂けるようになってきました。

デジタルではなく、生の絵ってのはその作家の制作過程を感じることができます。
それを意識して隠すような絵もあるのですが、自分としてはその筆跡が残ったり、苦労の跡が感じることのできる作品が好きなのです。

現在描いている作品達も正解はありません。
どこで終了すれば良いのかもわかりません。
一度描いた筆跡や混色が気に入らなければ、何回も塗ったり削ったりを繰り返します。
しかし、その過程が絵に深みを与えたり、偶然驚く様な効果を与えたりする。
だから面白いのです。

自分の絵は、ベニヤパネルにツルツルの下地を作って、その上に思いのままに絵具を塗りたくることから始まります。
これらは子供の頃から習ってきた油絵や影響を受けた日本画を合わせた物のように感じます。

自分の経験した人生がそのまま作品になるって言ったら大げさかもしれませんが、結局人は経験した事や見た物を自分のフィルターを通して、表現するしかないのです。

ようやく作品作りが面白くなってきました。



*title : 遠い記憶
DSCF1834-2.jpg

DSCF1835-2.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月07日

「 朝の散歩 2020_0807 」





何かが 覗いている

怖い物だらけの この世を

穴の中から そっと伺う

不信感に満ちたその目達は 鈍い光を放ち

偽りの世を 嘲笑う




sa_20_0807.jpg
ー金沢市 東山2丁目(AM.7:13)曇りのち雨ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月05日

「 朝の散歩2020_0805 」






水は 流れる道を探し出す

どんなに細く狭い道でも その先を目指し

やがて大河に たどり着く

滞っては いけない

身体を流れる 血も 気も

人もまた

小さな可能性を探し出し 大河をめざす





sa_20_0805.jpg
ー金沢市 芳斉1丁目(AM.7:14)晴れー





posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月04日

「 朝の散歩 2020_0804 」






生まれ変わったら

違う人生が待っている?

生まれ変わっても 

たぶん 同じことに興味を持って

同じ仕事について

同じ人生を 歩むだろう

それが 自分の魂だから






sa_20_0804.jpg
ー金沢市 出羽町/国立工芸館(AM.7:23)晴れー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記