2018年03月28日

「 朝の散歩 30_0328 」







無数の枝分かれ

人それぞれ 違う形の枝を 持つ

昨日の枝には 戻れない

明日に進むのみの 枝分かれ

だから 後ろを振り返らず

先を見るしかないでしょう





sa_30_0328.jpg
ー金沢 広坂ー(AM.7:15)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月27日

「 朝の散歩 30_0327 」







点は繋がり 線となる

線は繋がり 面となる

面は世界を 覆い

風と共に それを動かす

点の力は 無限に





sa_30_0327.jpg
ー金沢 卯辰山 工芸工房前ー(AM.7:25)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月26日

「 お花 」







ようやく春が来たようです。





そしてもうしばらくすると、ここ金沢でも「桜」の季節がやってきます。

母が亡くなって早一年。
桜を見るたびに思い出すように、法名には「桜」の文字が入っています。

桜に限らず、お花には人を和ませる力があると思うのですが、昨日母の友人からお花が届きました。
一周忌の御前んにお供えして下さいとのメッセージと共に。

何かにつけて、人は人にお花を贈ります。

めでたい時は更にその場が明るくなるように。
悲しい時はその慰めに。

植物は人の邪気やマイナスのオーラを吸い取ってくれると聞いたことがあります。
なぜか植物を置いてもすぐに枯れてしまう場合は、その部屋にはマイナスの気が充満しているのかも知れません。

本当の話かどうかは分かりませんが、人が花に惹かれるのはそんな事もあるのかも?と思ってしまいます。

人間も、その人がいるだけで場が明るくなるって人がいます。
そんな人の周りには人が集まります。
人の器の大きさってのはそんな事なのかも知れません。
他人の邪気を吸い込んでもビクともしない。
そんなものをいくら持ち込んでも、まだまだ器の余裕がある。

自分の器と言うと、自分の事だけで精一杯。
満杯状態です。


ohana.jpg

syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月23日

「 朝の散歩 30_0323 」






春を待つ

早く来いと 皆で手を広げ 

温かいを 催促する

もうすぐ あと少し

明日の空は 何色か





sa_30_0323.jpg
ー金沢 常盤町ー(AM.6:58)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月21日

「 朝の散歩 30_0321 」





誰でも ツボミの頃はある

大輪の花を咲かし 世界の視点を集める

そんな夢を 見る

一番血が踊り 一番 幸せな頃





sa_30_0321.jpg
ー金沢 東山3丁目ー(AM.7:25)



posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月20日

「 朝の散歩 30_0320 」







一本の糸で 繋がって

あっちへ ぶらぶら

こっちへ ぶらぶら

腰巾着は 気楽なもの

自分のことを 棚に上げ

金魚のフンを 馬鹿にする





sa_30_0320.jpg
ー金沢 袋町ー(AM.7:25)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月19日

「 結婚式 」







戸惑いながら、プログラムに従って。






結婚式ってものに久々に出席させてもらったのですが、自分達の頃とはまったく違った演出に驚きでした。
そりゃそうだ、もう33年も前のことですから。

予定時間の中を隙間無く埋められたプログラム。
非日常的な空間で創られる、きらびやかな演出。

多分、若い方々はこれに慣れているのでしょうが、こちらは初体験。
戸惑いながらも、その流れに身を任せます。
その流れの訳は、一番最後のこの式を録画したビデオを見て「なるほど」と思いました。

全ては、このビデをを作るための材料だったんですね。

式場の階段を降りながらのフラワーシャワーも、白いオープンカーでの登場も。

自分の子供達は未だ結婚の予感の欠片もありませんが、どんな結婚式をあげるのか?
こんな夢のような結婚式も良いけれど、こじんまりとした手づくりで温かい、そんな式をあげてくれればと、親父は思うのです。

でも、女性はこれくらいキラキラした夢の世界が欲しいんでしょうね。



kekkon.jpg

syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月16日

「 朝の散歩 30_0316 」






出番がない 雨の日

夢を見る

青空の下を 風を切って 走る

雲と一緒に 走る

やがて タイヤは軽くなり

空へと 吸い込まれ

虹の橋を渡り 胸は高鳴る

「冷たい!」

一滴の雫が 現実へと引き戻す





sa_30_0316.jpg
ー金沢 東山ー(AM.6:57)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月14日

「 朝の散歩 30_0314 」







丸がいい

三角よりも ×よりも

丸がいい

Noよりも Yesがいい

人を許せる人が いい





sa_30_0314.jpg
ー金沢 金沢城公園 内ー(AM.7:18)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月13日

「 朝の散歩 30_0313 」






朝日が 道を照らす

どこに繋がる 道なのか

目に映るものすべてが 道しるべ

枝分かれの道が 現れては消える

その見えない先は 見ないよう

光が差す その道を信じて進む




sa_30_0313.jpg
ー金沢 尾張町ー(AM.7:17)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記