2019年04月02日

「 朝の散歩 2019_0402 」






なごり雪

何かに 悔いを残したように

降りる 雪

別れは 辛い

新しい出会いが 待っていると 知っていても

心は そこに とどまろうとする

暖かくなれば 消える雪

心も やがて前を向ける




sa_19_0402.jpg
ー金沢市 卯辰町(AM.7:38)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月01日

「 マスコミ 」







そんなに時間を取らなくても・・・。







今日、新元号が発表されますね。

一週間ほど前からでしょうか?いや、もっと前からかも知れませんが、テレビのワイドショーや、ニュース番組なんかでも新しい元号を予想したりすることに結構な長い時間を割いたりしてます。

それを見ていて思ったのですが、「それって必要なの?」って。

待っていれば、いずれは分かる事に、しかも予想する意味もない事に、それだけ時間を割く意味があるの?もっと大切な取り上げるべき問題があるんじゃないの?

決して元号を軽んじている訳ではないのですが、少なくとも自分の周りでは、元号に関する事を話題にする人はいません。
日々の生活の事の方が大切なのです。

マスコミによって世間は流されがちです。
その役目は、権力や政権に対する監視も重要な役目の一つだと思います。
ですが、最近の風潮としてどうも皆同じ方向を向いているように感じてしまいます。

原発の問題や震災に対する復興問題や少子化の問題、勤労統計データ改ざんの問題。
それらに対する現政権の政策にはもっと批判があっても良いように思うのです。
今流行りの「忖度」がマスコミにもあるように感じてしまうのです。

それらの事から目を逸らせるように、元号で盛り上がる。

もっと大切な事ありません?


masukomi.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月29日

「 朝の散歩 2019_0329 」






伸びる 上に伸びる

周りが伸びれば 影になる

だから陽に当たるように 背を伸ばす

若い頃は どこまでも上を目指せると 思う

歳を重ね 自分の伸び代を知り

今の風景を 楽しむことを 覚える





sa_19_0329.jpg
ー金沢 彦三(AM.7:24)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月27日

「 朝の散歩 2019_0327 」






花言葉は 自由

冷たく 凍らされ 縛られた季節に 別れを告げる

手足を 伸ばし 深呼吸する

旅立ちの季節 別れの季節

出会いの季節






sa_19_0327.jpg
ー金沢 桜町/浅野川(AM.7:11)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月26日

「 朝の散歩 2019_0326 」





法の番人は 目を光らせる

世の中 全ての人類が 同じ価値観

同じ道徳観を 持っていたら

法は いらない

一人一人 全てが違うから

今日も 法の番人は 目を光らせる




sa_19_0326.jpg
ー金沢 大手町/金沢地方検察庁(AM.7:01)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月25日

「 新しい出会いを求めて 」






風景には飽きてしまっているのですが




「朝の散歩」では約1時間で歩けるコースを歩きます。

FUJIFILME のX70と言うコンパクトカメラを買ってから始めたこの散歩ですが、もう3年目になろうとしてます。
毎回歩くコースは変えるものの、その風景は見慣れたものになって行く。
初めて見る風景は、新鮮で興味を誘うものですが、これだけ見慣れた風景は、本来なら興味は無くなるものです。

でも、風景写真を撮るって事は、毎回違った一瞬を探す作業だと思ってます。
同じ陽の高さ、同じ時刻、同じ天候のタイミングは2度と無いと思うのです。
写真を撮るってのは、瞬間を切り取る作業。
そう考えると、毎日が新鮮で毎日がリスタートだと言えます。

毎日の平凡な生活の中にも、何か新鮮なものが隠れている。
それを見つけるか、気付かず通り過ぎるのか?

とっても小さな事だけど、その積み重ねが 充実した人生に繋がるように感じます。



atarashi.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月22日

「 朝の散歩 2019_0322 」






自分が今あることが 当たり前になると

自分の不幸を 探し始める

それなら 欲を持つ方がまだマシ

感謝の心が 福を呼ぶ




sa_19_0322.jpg
ー金沢 金沢神社(AM.7:09)ー




posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月20日

「 朝の散歩 2019_0320 」






早く片付けないと お嫁にいけなくなるよ

誰かが言った言葉が 伝わり 

いつの間にか 当たり前になる

誰かに都合のいいように 迷信はできる




sa_19_0320.jpg
ー金沢 東山1丁目(郵便ポストの上)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月19日

「 朝の散歩 2019_0319 」







早く咲く 遅く咲く

持続するのは 難しい

ひっそりと 地味に

冬に力を蓄える

花咲く時期は それぞれに






sa_19_0319.jpg
ー金沢 並木町(AM.6:56)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月18日

「 いいお付き合い 」






ラベル買いもあるようで・・・。




今まで様々なイラストのお仕事を頂いて来ましたが、大抵のものは一度限りのものが多いのです。
何年も続くものは、数件しかありません。

それはお互いの信頼関係と、自分の絵なりデザインを気に入ってくださる場合に限られます。
しかも毎回同じタッチのイラストが続くことは稀です。

2年前からシリーズ化されて四季ごとに作らせて頂いているイラストがあります。
滋賀県にある竹内酒造さんの「唯々」と言う日本酒のラベル。

残念ながら、石川県では販売していないのですが、ネットで画像検索すると様々な情報を見つけることができます。
「思わずジャケ買いしてしまいました。」って言うメッセージも少なくありません。
これは作った人間にとっては、一番の褒め言葉です。

このラベルの企画は竹内酒造の専務さんのこだわりなのですが、そのイラストのタッチも「こんなタッチで・・。」と指定がありました。
小さな子供の兄弟(男の子と女の子)と猫の親子は必ず入れる。
条件はそれだけで、あとはお任せなのです。
このお酒の売り上げの一部を動物保護団体に寄付されると言うのも、心を動かされる一つなのかも知れませんね。

普段自分が描いているイラストとは違うのですが、それに合わせて描かせて頂きました。
それは仕事として、いつものことなのです。

しかし、今年で3年目になるのですが、同じ切り口で同じイラストで何年も続けていくのは難しい部分もあります。
ネタが尽きて来る。

まずは3年と言うことで始まったのですが、とても評判が良くて季節の限定発売なので、すぐに売り切れてしまうほどの商品になりました。
勿論、中身のお酒も季節ごとに製法を変えてとても美味しいお酒であることは間違いありません。
それで今後も続けていくことになりそうです。

今年の分のスケッチは全て OKが出たのですが、さて、来年以降はどうしたものか・・・?

もし気になる方がいらっしゃったら、お近くの酒屋さんを除いて見てください。
あっ!石川県の方、その他発売ルートのない方は通販で・・・。


tada_ta.jpg
◎過去に販売された、ほんの一部の商品です。
syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記