2024年01月08日

「 ドキッ! 」





joyも揺れに敏感になりました。



今年の年末年始は、とても正月とは思えない日々でした。
元旦早々の大地震。
日頃の無精で整理整頓が出来ていない物たちが棚から落ちたり、食器が割れたり、壁にヒビが入ったり。
それに加えて我が家では年末30日にガス給湯器が壊れて、銭湯通い。
この冬の時期に冷水は沁みるのです。

三ヶ日が明けて給湯器の点検に来てもらったのですが、結果目に見えるような故障は起きていないとのこと。
でも「寿命はとうに超えているので交換をお勧めします」と言われた。

被災された方々を思えばこの程度で済んだと思えば幸せなのですが、何とも慌ただしい日々でした。

今日は氏神様の左義長祭。去年お世話になったお守りや正月飾りを神社で燃やして奉納します。
と思ったら、今回の地震で神社もあちこちが痛んで、危険なので14日に延期の予定。

この左義長で災難をリセットとしたいものですが、たまに大きめの余震が続き、その度にドキッとします。
なかなかいつもの日常には戻れないのかな?


dokki.jpg


pos_cm.jpg
https://jiashop.thebase.in/items/60002186
https://jiashop.thebase.in/items/60004456
https://jiashop.thebase.in/items/60004441
https://jiashop.thebase.in/items/60004419

syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年01月05日

「 朝の散歩 2024_0105 」






何万年もの間に

何度も起こる 大異変

自然にとっては

深呼吸をしただけなのかもしれない

何事もなかったかのように

生きる為の日常が始まる




sa_24_0105.jpg
ー金沢市 丸の内(AM.7:03)晴れー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年01月02日

「 あけましておめでとうございます 」





恐怖の時間




本来ならば、新年のご挨拶だけのおめでたい日なのですが、元旦の大地震には驚きました。
久しぶりに家族が集まってお酒を飲み、ボ〜っと昼寝をしていたら急に来た。

今まで経験したことのない、地震再現車でしか経験したことのない、とんでもない揺れが襲って来た。
「早く終わって欲しい」そんな思いだけの時間でした。
タンスの位置は変わってしまうし、食器棚の物は床に落ちてガラスは飛び散るし、揺れが収まった後は散々な姿に。

夜は念の為に服を着たまま寝たのですが、その後も度々大きな揺れが襲って来て、一晩中揺れが起こる度に目が覚める。
生きている間にこんな目に合うとは想像もしなかった。

次日の朝になると、報道が被災地の映像を映し出します。
特に輪島市の状況はひどかった。
まるで戦場の様なその姿に愕然としました。

ここ金沢でも金沢城の石垣が一部崩れたり、崖地にある住宅が傾いたり。
自分達が助かったことに感謝の気持ちで満たされます。

皆、ほとんどの人が初詣で、今年の幸せや希望、安泰を願ったはずです。
その直後のこの事態に神様は何を与えようとしたのか?

今年は辰年。
龍の様に被災地の方々には復活を遂げて欲しいと思うのです。

24_年賀_blog.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 17:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2023年12月29日

「 朝の散歩 2023_1229 」







また一年が 終わる

何かをしても しなくても

一年は 終わる

もし 一年に一度も鏡を見なかったら

一年後の自分の変わり様に 驚くだろう

気付かないところで 衰え

また 気付かないところで 成長もしている


*今年も一年間ありがとうございました。
2024年が皆様にとって良い年になりますように。


sa_23_1229.jpg
ー金沢市 商工会議所/尾山町(AM.6:49)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年12月27日

「 朝の散歩 2023_1227 」




四季という演出家は

見慣れ過ぎた風景を

見事にアレンジし 人々を感動させる

ここにも あそこにも

まだ見ぬ顔が 隠れている




sa_23_1227.jpg
ー金沢市 松ヶ枝緑地公園(AM.6:48)曇りー



posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年12月26日

「 朝の散歩 2023_1226 」






瞬きの度に 雲は変わる

時の流れの様に 休むことはなく

刻々と 明日へ向かう

二度と帰らない今と

ここに佇む自分は

瞬きの度 記憶の中の存在となる





sa_23_1226.jpg
ー金沢市 丸の内/お堀通り(AM.6:58)曇りー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年12月25日

「 年々キツくなる 」





雪かきの地獄



朝の散歩の後は、毎回自宅で簡単な筋トレをします。
上半身の日と下半身の日を交互に日替わりにしているのですが、
上半身の日は
・腹筋運動の補助をしてくれる器具で50回を3セット、
・腕立て伏せを15回を2セットの後20回を1セット、
・5kgのダンベルを両腕に一個ずつ持って肩甲骨付近(背中)の運動を3セット。

下半身の日は、
・腹筋の後、
・5kgのダンベルを2個持って、スクワットを16回を3セット、
・30秒の間を置くのを兼ねて、ダンベルを持って側筋運動を30回を3セット、
・もう一種類のスクワット16回を3セット、
・側筋の捻り運動をダンベルを持って30回を3セット、
・5kgのダンベルを2個持って、背筋運動16回を3セット。
と、まあそんなスケジュールです。

1時間の散歩の後に毎回これだけ運動しているのに、体重は増えることはあっても、減ることはありません。
多分、それ以上に食べたり飲んだりするせいなのでしょうし、老化で代謝が悪くなっているのでしょう。

しかし、先週末からの大雪。
年々雪かきがキツく感じてくるのですが、今回はひどかった。
借りている駐車場は青空駐車場なので、車に積もった雪はもちろん、道に出るまでのスペースも避けなくてはならない。
しかもその雪を捨てる場所がなくて、限られたスペースに積んでいくしかない。
心肺機能は衰えてしまっているので、度々休憩しながらようやく出庫できる様になったと思ったらその晩に倍くらい積もって、元の木阿弥。
二日間の除雪で肩や腕は変な筋肉痛です。

多分、どんな筋トレをやっても雪かきには敵わないのだと感じます。



nennen_ki.jpg

pos_cm.jpg
https://jiashop.thebase.in/items/60002186
https://jiashop.thebase.in/items/60004456
https://jiashop.thebase.in/items/60004441
https://jiashop.thebase.in/items/60004419

syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年12月22日

「 朝の散歩 2023_1222 」





化粧の後は よそ行きの顔?

お客様を迎えるための いつもの顔

凛とした 冬の景色は

お客様も 背筋が伸びる

見慣れた地元民は

少々世話がやける 





sa_23_1222.jpg
ー金沢市 橋場町/浅野川大橋より(AM.6:43)雪ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年12月20日

「 朝の散歩 2023_1220 」






辛いと思う日々も

見方を変えれば 可能性の宝石で溢れている

あなたの一粒一粒の 涙も 汗も

いずれは 輝く珠玉となる




sa_23_1220.jpg
ー金沢市 東山2丁目(AM.6:48)雨ー



 
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年12月19日

「 朝の散歩 2023_1221 」






平凡な一日の中にも

小さな 煌めきや

小さな 気づきが

一つあるだけでいい

それだけで 人は生きて行ける




sa_23_1221.jpg
ー金沢市 金沢城址公園(AM.6:53)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記