2018年05月25日

「 朝の散歩 30_0525 」






ヒソヒソ話

小声で コソコソ

伝わる コソコソ

コソコソが 湧いてくる

コソコソの 集団は 手強い





sa_30_0525.jpg
ー金沢 東兼六町ー(AM.7:12)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月23日

「 朝の散歩 30_0523 」






境界線の 狭間は

得体の知れない 何かが 蠢く

光 と 影

プラス と マイナス

善 と 悪

生 と 死

希望 と 絶望

紙一重の 境界線



sa_30_0523.jpg
ー金沢 主計町ー(AM.7:41)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月22日

「 朝の散歩 30_0522 」





遠くへ行きたいと 思う

想像の 羽を伸ばし

遠くへ 遠くへ 羽ばたく

山を越え 海も越え

この青の中に 迷い込みたいと 思う

現実の メガネは 箱の中にしまって





sa_30_0522.jpg
ー金沢 卯辰山/見晴らし台ー(AM.7:27)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月21日

「 危機回避能力 」






頼まれたら 断われない




5月だと言うのになかなか安定しない天候。

1日違いで18度も違う日があったりで、未だに冬物のセーターをしまえずにいます。
一度しまったストーブも、また灯油を入れ直して使う事も。
冬と夏の行ったり来たりは辛いのです。

天気図を見たり、その解説をテレビで見たり聞いたりするのは好きです。
地球の仕組みを知る事になるという事もあるのですが、動物達が本能的に自然災害を予感して集団で回避する様に、人間の危機回避的な本能がそこに興味を持たせるのかも知れません。

本来は人間にも自然災害を予感する能力があったはず。
でも脳がいろいろな作業をする様になって、その能力を削除してしまったのかも知れません。

能力の容量が限られているとして、何かを成し遂げようとしたら何かを捨てなければいけない。
そんな話は良く聞きますし、自分でも納得しているのですが、年齢を重ねれば重ねるほど、自分にとっては、余計な事をやらされる様になっていきます。

断わればいいのに、断われ切れない。

そこへの回避能力が欠如している自分です。





kikikaihi.jpg

syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月18日

「 朝の散歩 30_0518 」






門番は 知っている

そこを 通る 全ての人を

無口な門番は 何も語らず 

見ないふりをして

愚かな権力者達を 見ている





sa_30_0518.jpg
ー金沢 金沢城公園ー(AM.7:10)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月16日

「 朝の散歩 30_0516 」






そして 妖精は言った

あなたがまだ 一粒の光だった頃

この森に 一緒にいたのよ

キラキラして とても綺麗だった

目を閉じて 思い出してみて

きっと あの頃のあなたの欠片が 

少しずつ 輝き出すから 






sa_30_0516.jpg
ー金沢 卯辰山(AM.7:30)

posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月15日

「 朝の散歩 30_0515 」






行く手を遮られた 命は

自らの形を 変えた

生きる道を 見つけようとした

不格好でもいい 

生きようとした その木は

材木にはならずに 財木となった




sa_30_0515.jpg
ー金沢 石川四校記念文化交流館ー(AM.7:31)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月14日

「 魂で作られている土地 」






いなくなった人の物でも一瞬躊躇します。





今年に入ってから両親の遺品整理を兼ねて、不用品をまとめてゴミ処理場に持って行って廃棄しています。

自分の車はミニバンなので、ほどほどまとまった量の物が入ります。
ゴミ500kgまでは1,500円なのですが、この車に目一杯積んでも100kg程度。
なのでもう4回は廃棄に行っているのですが、まだまだ不用品は家の中にあります。

市に家まで取りに来てもらうと、大型タンス一個につき1,000円のシールを貼らなくてはいけないので、やはり自分で運んだ方がお得なのです。

息子や娘にも手伝わせます。
荒涼としたごみ捨て場の大地は、全てが家庭からのゴミでできています。
そんな風景を見、そこに立つのは彼らにとっても初めての経験です。
後で聞いたのですが、不用品とはいえ、今まで自分達が使っていた物をそのゴミの大地に捨てて置き去りにするのは、若干の寂しさや罪悪感を感じているようでした。

この大地はそんな人々の気持ちで覆われ、作られていると思うと独特の威圧感さえ感じます。

物には使っていた人の魂が宿ると言う人もいます。
捨てると言うことは、魂の一部も捨てると言うこと。

名残惜しい気持ちが湧くのも当然なのかも知れません。

物を大事に使う。
気まぐれで物を増やさない。
そんなことを改めて思うのです。



tamasi_tochi.jpg

syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月11日

「 朝の散歩 30_0511 」







足元ばかりを 見ていると

目指す景色を 見逃してしまう

遠くばかりを 見ていると

足元を すくわれる

その加減が 難しい




sa_30_0511.jpg
ー金沢 桜町ー(AM.7:47)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月09日

「 朝の散歩 30_0509 」







川の主は いなくなった

そして 人も いなくなった

川の中の 賑わいも

人と人の 賑わいも

遠い昔の 記憶の中

川底の 石をめくると ヤツはいた





sa_30_0509.jpg
ー金沢 常盤町ー(AM.7:02)

posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記