2017年04月13日

「 朝の散歩29 0413 」






毎日 見る風景

山も 川も 空も

同じ顔は 一つもない

みんな 息をしているように

表情を変える

生きている




sa_29_0413.jpg
ー金沢 田井町ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月12日

「 朝の散歩 29 0412 」






母の法名には

「舞」の文字

「書」の文字が ある

ダンスが好きで 書道もやっていたから

そして「桜」の文字も

この季節に 桜の花を見て

母を思い出せるように




sa_29_0412.jpg
ー金沢城 内ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月04日

「 夕日の輝き 」





昨日

母親が入院したその夕方

病院の玄関を出ると

夕日が 特別キレイに感じた

朝が始まり 空のブルーを抜けて

地平線の向こうに 赤く染まりながら 沈んでゆく

その間際の輝きは

人の一生を 表すかのように 美しい

       ※

今朝 10時55分 母は天国へ旅立ちました。



※ しばらくブログはお休みします。
sa_zz01.jpg
ー津幡町 みずほ病院ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「 朝の散歩29 0404 」






風景を切り取る

切り取った中を また切り取る

その中にも また世界がある

小さく見ようと思えば 小さい

大きく見ようと思えば 大きい




sa_29_0404.jpg
ー金沢城 内ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月03日

「 介護 PartU 」






これも人生の修行の内か・・・。





父が亡くなったのは3年前の9月。
寂しいけれど、辛い介護生活から解放され、自分の生活ができるようになりました。

それ以前から母親も難病を幾つか抱えていて、病院通いに付き合っていたのですが、最近になってとうとう一人では全く歩けなくなってしまった。

それまでは、部屋の隣にあるトイレには壁を伝って一人で歩いて行ったのですが、それもできない。

また介護生活の始まりです。

まだ頭の方はボケていないし、歩く以外の事は自分で出来るので、父親の時に比べると幾分楽なのですが、苦しむことが多く、幾分身体の調子が良い時は良い時で、要求が多くて困ります。
このブログにも影響が出てきそうです。朝の散歩も難しくなるかな?

何で両親揃って、こんなに手がかかる事になってしまったのかと、怒りも湧いて来るのですが、この二人のDNAを自分も持ってるってことは、将来は自分も同じようなことになる可能性が高いと言う事です。

次は俺か…。

そんなことも考える。



kaigo_2.jpg


mizutama_cm02.jpg
gob_cm02.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月31日

「 朝の散歩 0331 」






切り株は 木の定年

ご苦労さま もう頑張らなくても いいよと

邪魔なものを 下ろして 身軽になって

血気盛んな その頃とは 違う魅力も出て来たりして

シワの多さが 人の魅力





sa_0331.jpg
ー金沢 東山ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月29日

「 朝の散歩 0329 」







日陰の 花

ほとんど 人が通らない

細い路地裏

そんな日陰にも ひっそり咲く花はある

光溢れ 色まばゆい お花畑より

なぜか それに心惹かれる





sa_0329.jpg
ー金沢 東兼六町ー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月28日

「 朝の散歩 0328 」









風を読む

向い風 追い風

そんなことを 考える

それはもう やめましょう

もっと 自由に

もっと 楽しく

そんな 年齢になったのだと 思う








sa_0328.jpg
ー金沢 卯辰山 見晴らし台ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月27日

「 一人暮らし 」







独立しないと





自分はこの家から出て、一人暮らしをした事がありません。
独身だった若い頃に、独立しようとした事があるのですが、両親に反対されて、叶いませんでした。

何故反対されたのかは、未だに理解できないのですが、「お前には無理だ!」なんて言われて、猛反対されたものですから、どうしょうもなかった。

一人暮らしが無理だなんて言われたら、一人で生きて行くのが無理って言われているようなもので、「何でそんなに頼りない息子に育てたんだ!」自分の息子になんて酷い事を言うんだって話なんですけどね。

だから、自分の子供たちには是非一人暮らしをして欲しかった。
人間力を付ける為にも絶対必要だと思ったから。
自分の中のコンプレックスでもあったから。

そんな訳で、ウチの一番上のお兄さんは現在も他県で一人暮らしだし、2番目のお兄さんは大学時代に一人暮らしを経験してます。現在は訳あって同居してますが、やがてまた一人暮らしを始めるでしょう。

そんな中、一番下の長女がこの春から就職。
本人はそんな気がなかったようですが、これまた他県への配属で、一人暮らしに。

この家を建てた当初は8人家族だったのに、徐々に減ってこの春からは年老いた母を含めた4人になってしまいます。

「一人暮らしはした方が良い」と言ってはみたものの、いざ家族が減って行くと、「家族は多い方がいい」なんて思ったりもして。


hitori_g.jpg

mizutama_cm02.jpg
gob_cm02.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月24日

「 朝の散歩 0324 」





寒空に 震えているように見えます

もう少し もう少し

ピンクの色が 街を覆う

その頃には

あなたも 生き生きと 見えるでしょう






sa_0324.jpg
ー金沢 兼六園下 紺屋坂ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記