2020年07月15日

「 朝の散歩 2020_0715 」







夏には 冬の寒さを想い

冬には 春の暖かさを 焦がれる

雨の日は その先の虹を想い

頭の中は 突き抜ける青空で いっぱいになる





sa_20_0715.jpg
ー金沢市 兼六園下(AM.7:34)雨ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年07月14日

「 朝の散歩 2020 0714 」







雑草とも 言われる

権力も 名声も 何もない 

そんな多くの存在が 世界を作る

その 一つ一つが 輝き

その 一つ一つの道が 繋がる

尊い命が助け合い この星を作っている





*ヒメジュオンの花言葉/「素朴で清楚」
sa_20_0714.jpg
ー金沢市 東山1丁目/浅野川(AM.6:51)雨ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年07月13日

「 結局はこれしかない」







人生は矛盾だらけ





自分の仕事は、自由業です。

業種の分類で言えば、サービス業になるらしいのですが、特段サービスをしているつもりはありません。
自分のプライドや、仕事に対する責任感で、最後まで納得出来る仕事をやろうと仕事に臨むだけです。

この仕事は、クライアントさんの代弁をすると同時に、最終的には言い訳の出来ない自分の作品にもなります。

その狭間で矛盾が生じたりもするのです。
自分の個性を優先しようとすると、クライアントの意思を軽んじる事になるし、またその反対にクライアントの意思をより反映しようとすると、自分の個性を抑える事になります。

現在、自分が好んで描いている抽象画などは、全くと言って仕事にはなりません。

そんな中、振り返ればもう40年間もこの業界にいる。
自分で言うのもなんですが、よく続いたものだと思うのです。

食べる為に、デザインの仕事もやりますが、本来は絵を描くのが仕事。
頭の中では、仕事の合間に熱中出来る他の趣味を持ちたいとは思うのです。
若い頃に自己流でやったギターやピアノを本格的に習ってみたいとか。
でも絵を描くってのは趣味の延長が仕事になった様なもの。
結局は、空いた時間もお金も描く事に使ってしまうのです。

ようやく仕事が落ち着いて来て、個展に向けての制作に集中する時間が持てそうなのですが、反面、仕事が無くなるとお金の心配もしなくてはいけない。

あちらを立てればこちらが立たず。
どこまで行っても矛盾だらけの生活。


kekkyou.jpg
*前回の続き、個展へのある作品の第二段階。


syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年07月10日

「 朝の散歩 2020_0710 」







遠くにあるものほど 輝いて見える

闇が渦巻く 煩悩と執念の沼を潜り抜け

やっとたどり着いたその地は 光に溢れていた

ふと 辺りを見渡すと

次第に光は溶け出し ありふれた灰色の世界が現れる

遠くを見れば 

そのまた先に眩しく輝く光が 手招く






sa_20_0710.jpg
ー金沢市 主計町(AM.7:03)雨ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年07月08日

「 朝の散歩が出来ない日 2020_0708 」








森から 川へ

川から 海へ

海から 空へ

そしてまた 森へ

命の水は 旅をする

何度も 何度も 旅をする

すべての命を 繋げるために





sa_20_0708.jpg
ー先日の友人宅での誕生日パーティにてー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年07月07日

「 朝の散歩 2020_0707 」





草も 木も 怯える

この星の 悔し涙なのか

苦し紛れの 汗なのか

地球の 大きな怒りが やって来る

汚れた我が身を 洗い流そうと 

力任せの 抵抗が始まる




sa_20_0707.jpg
ー金沢市 浅野川(AM.6:57)雨ー



posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年07月06日

「 毎年思うこと 」






毎年この時期になると
同じ心配をしなくてはいけません。





子供の頃は、季節がもっと緩やかに流れていたのです。
夏の気温も35度を超えることは滅多になかった。
陽が落ちて川風が吹く頃になると、天神橋の上には夕涼みに訪れる人々であふれていました。ウチの爺さんなんかは、サマーベッドを持っていって熟睡してたものです。

今はと言うと、クーラーが普及したせいもあるけど、橋の上で涼む人は全く見かけませんし、そんなに涼しい風も吹かない。
日本の四季の良さが、日本の四季の美しさが、どんどん失われて行くような気がします。

12年前の浅野川の洪水を思うと、今回の九州の大雨も人ごとではないのです。
またいつ同じ事が起きるのか?
毎年この季節は恐怖心が心にも体にもまとわりつくのです。

毎年日本のどこかで同じ災害が起き、同じ画像をテレビで見せられている。

異常気象が日常になった今、国には根本的な対策が必要なんじゃないだろうか?


maitosi_02.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年07月03日

「 朝の散歩 2020_0703 」





もし人生の完成図を 見せられてしまったら

淡々と 今をこなすしかなくなる

どうあがいても 設計図通りにしかならないのだから

人は 白紙の設計図を 手にしているから

今を 精一杯生きることができる





sa_20_0703.jpg
ー金沢市 柿木畠(AM.7:21)曇りー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年07月01日

「 散歩の出来ない朝 2020_0701 」







散歩が出来ない日

身体の中の脂肪たちが あくびをする

激しい雨音は 彼らにとって 子守唄

流れる水音は さぞ心地いいのだろう

怠け心への 誘惑が始まる






 sa_20_0701.jpg
ー金沢市 自宅の窓から(AM.6:55)雨ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月30日

「 朝の散歩 2020_0630 」







逃げない 隠れない

自分の生き方に 恥じる必要はない

人に 甘えたフリをすればいい

そうすれば 明日もまた餌にありつける

生きたもん勝ち 楽しんだもん勝ち

こんな気楽な ことはない







sa_20_0630.jpg
ー金沢市 東山1丁目/茶屋街(AM.6:55)雨ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記