2022年07月18日

「 6日目の朝 」






人生で初めての入院です。




正確には2回目なのですが、前は無呼吸症候群の検査のために一泊しただけなので、病気と言う意味ではこれが初めてと言うことです。

腸に憩室って言う窪みがあるらしいのですが、そこが炎症を起こして周りに広がりつつあったので、即入院となりました。

入院当初は、盲腸かと思ったのですが、そのちょっと上あたりでしょうか。
手術は免れましたが、腸の病なので当然食事はできません。
今日までまだ一度も食事はできず、毎日抗生剤も含めて、6本の点滴をしています。
ですから消灯時間の9時には当然間に合いません。

しかし、やる事がないってのも苦しいものです。
ほぼ一日中ベッドの上で点滴ですから。
連休中は診察ができないので、ようやく明日先生に診てもらって、状態が良ければ血液検査→CT検査→診断となるのでしょう、
それでやっと口から物が入れることができます。

コロナで当たり前の生活ができなくなってもう3年ほど経ちますが、この「当たり前の生活」がどれだけ幸せなことなのか。そのことを再認識させられました。
家族と一緒に過ごすこと、会話ができること、Joyと散歩ができること。
そんなありふれた事が、夢の様に感じます。

あと何日の辛抱なのかな?



sa_22_0718.jpg
*7月17日(日)撮影
posted by JUNICHI ICHIMURA at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月13日

「お休みします」





1週間ほどのお休みを頂きます。

大した事はないのですが、腸が病んでます。




4D8DF3B4-EF77-4D98-B500-C0080CCE85DB.jpeg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月12日

「 朝の散歩 2022_0712 」




人知れず 咲く花は

誰の為に咲く訳でもなく

生まれたその地に 感謝をし

光に向かって ただ 頭を向け

空を 目指す

綺麗に咲いた花は 

見栄をはることもなく

ただ ただ 一生を全うするだけ




sa_22_0712.jpg
ー金沢市 東山1丁目(AM.7:00)雨ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月11日

「 戻る 」







いつかの夏のようになるのかも





梅雨が明けたと思ったら、逆に梅雨が戻ったような天候が続きます。
今年もまたいつかの夏の様に、夏らしい夏がないまま、いつの間にか秋になるような予感がします。

戻って来たといえばコロナ。
徐々に感染者の数が減って行って、このまま終息するのかと思ったら再び増加。
戻って来て欲しくないものばかりが戻って来る。

夏は一年のうちで一番開放的な季節です。
楽しみも増える時期なのに、戻って来たその二つが夏のエネルギーを吸い取っていきます。

「戻る」→「以前の状態に変わる」

懐かしさに浸れるものなら良いけど、嫌なものが帰って来るのは遠慮して欲しい。

戻って来ると言えば、長男。
今度の連休には帰ると言ってますが、日程は未定だと言う。
3日しかないのに、日程もクソもないだろうに。
これは大歓迎ですけどね。




modoru.jpg

pos_cm.jpg
https://jiashop.thebase.in/items/60004419
https://jiashop.thebase.in/items/60002186
https://jiashop.thebase.in/items/60004456
https://jiashop.thebase.in/items/60004441
syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月08日

「 朝の散歩 2022_0708 」







しぶとく生きる

生き抜く道を探して ガムシャラに

見かけなんてどうでもいい

生きるが 勝ち

生きるが 喜び





sa_22_0708.jpg
ー金沢市 柿木畠(AM.7:14)晴れー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月06日

「 朝の散歩 2022_0706 」








森の奥へと続くその橋を渡る

門番はなく その世界へ入る者を拒むことはない

様々な苦悩や喜び そんな感情が渦巻く

訪れた者が感情を解き放ち 置き去りにする世界

森の住人達は その欠片を集め 

ある者は木々に飾り ある者は 口にする

小さな宇宙は 全てを肯定し 全てを許す

そして人は 森に還る






sa_22_0706.jpg
ー金沢市 出羽町/本多の森(AM.6:51 )曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月05日

「 朝の散歩 22_0705 」






人が掛けた橋を渡る誘惑に 目を閉じる

自分で工夫しながら渡る むこう岸は

例え叶わなかったとしても 何かが生まれ

そのまた向こうの世界へ 連れて行ってくれる




sa_22_0705.jpg
ー金沢市 金沢城址公園(AM.6:48)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月04日

「 逆戻り 」




もう一度「大政奉還」が必要?




幕末から大政奉還後に日本を近代国家に向かわせようとするその時代には興味を満ちますし、感動もします。
日本の現状に危機感を感じ、日本の理想となる未来像を掲げてそれを信じ、まっしぐらに突き進んで行った。
その当時に関わった政治家の原点となった人々の苦労は、計り知れないと思います。

そして現代。

今の政治家、特に政権を握っている方達を見ていると、がっかりします。
精々自分達が生きているその数十年の間の事しか考えていないんじゃないかと。
自分が死んでしまえば、後のことはどうなろうが関係ないとでも思っているかのような政策。
侍の時代は終わったと思っていたのですが、やはり考え方は当時と何も変わっていないのだと感じます。

一部の人間だけが得をする。
一般大衆には納税と言う年貢を課して、足りなければ無理やりその年貢を様々な方法で上げればいいと思っている。
さも、平等を装って。
「私は月100万しかもらっていない」と言った方もいましたね。
その他にも、「文書通信滞在交通費」などと言う訳の分からない、領収書もいらない自由に使えるお金をもらってもいるのに。
自分達の身を削ることは一切せずに、それを民衆に押し付ける。

他の国が時代と共に変わって行くのに、それを見て見ぬふりをする危機感のなさ。
食料自給率を見ても日本は40%程度。
高度成長時代に工業国となり、のぼせ上がって、金をかけてまで農業を減らして行った。
その結果が今の物価高。もちろんこれだけが原因ではないにしてもです。
実は先進国ほど、食料自給率割合は高いそうなんですね。
食料問題は、危機管理問題なのです。

エネルギー問題にしてもそう。
あの東日本大震災の時に変化するチャンスだったのだと思うのです。
自然エネルギーを電力に変える、そのトップになれたはずです。
でも、原発の既得権益に負けてしまった。
いつまでも、古い産業からの献金に拘って、新しい産業を育てようとしなかった。
あゆる分野で日本は世界から遅れをとる羽目になってしまっているのです。

もはや日本は先進国ではないと感じるのです。
侍の時代に戻ってしまった。
侍そのものを否定する訳ではありません。
侍の魂そのものは自分も好きなのです。
その哲学に共感もします。
でも、この時代の日本の在り方となるとまた違うと思うのです。

黒船の脅威を感じながらも、自分達の地位や名誉や利益を失いたくない。
そんな当時の権力者達と今の政権は似通っているように感じます。

ある政党は、今回の参議院選挙のスローガンとして、「国民の生活を守る」を堂々と掲げています。
ならこの失われた30年間はなんだったんでしょう?
30年間も国民の生活を守れていないのに、いや、守るつもりもなかったのに、今から守れる訳がないのです。
選挙の前だけ耳障りの良いことを言う。

50年先、100年先の日本を見据えて、そこに向かって身を削っても理想に身を捧げる。
そんな政治家は一体どれほどいるのでしょうか?


gyaku.jpg

pos_cm.jpg
https://jiashop.thebase.in/items/60004419
https://jiashop.thebase.in/items/60002186
https://jiashop.thebase.in/items/60004456
https://jiashop.thebase.in/items/60004441

syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月01日

「 朝の散歩は自転車で 2022_0701 」






時も 人も 流れてゆく

激しい流れに興奮し 己の力を誇示する時もあれば

ゆったりと それを楽しむ時期もある

年齢と共に

選ぶ流れも 変わってくる





sa_22_0701.jpg
ー金沢市 犀川/犀川緑地法島地区(AM.6:55)晴れー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年06月29日

「 朝の散歩は自転車で 2022_0629 」






面を付けたような 無表情な顔達の中に 

輝き 期待溢れる顔がある

この街に 旅に来た人達の顔は 一眼でわかる

その表情が 特別なオーラを放つから 

旅は 日常からの脱出

どんな場所でも 雲の上に乗ったような

そんな 時間を過ごせる




sa_22_0629.jpg
金沢市 JR金沢駅(AM.7:04)晴れー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記