2018年11月07日

「 朝の散歩 30_1107 」






解禁の朝

選ばれた精鋭が 並ぶ

一軍 二軍 三軍と

買う方も 選ばれる

一軍 二軍 三軍と




sa_30_1107.jpg
ー金沢 近江町市場(AM.7:30)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月06日

「 朝の散歩 30_1106 」






ボードに 絵の具をぶちまける

色が 踊る

陽気な彼らに 教わって

遊ぶことを 学ぶ

いつの間にか 絵の世界を 散歩する




sa_30_1106.jpg
ー金沢 丸の内/金沢城公園(AM.7:30)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月05日

「 支配されるかも 」






退化するもの 進化するもの




このブログをやり始めたのが、2008年の春。
ダラダラと記事を書いて、アッと言う間の10年です。

その頃に感じて書いたことを改めてここに書くのですが、人間とコンピュータの関係。
その頃はまだAIと言う言葉はあまり一般的ではなかったのだと思いますが、最近のこのAIの進化がますます心配になって来た。

その昔のコンピュータは、人間がやるには煩わしい作業を肩代わりする程度のものでした。
思考することは人間がやってた。

でも最近は思考することさえAIにやらせるようになって来た。
ファンドや株の取り引き、自分が聞く音楽の選択、車の運転、その他様々な家電品の使用まで。
人間が考えて使うのではなく、AIに指示されて人間が動かされているようにさえ感じます。

生物の退化と進化を考えると、使わなくなったものは確実に退化の道をたどることになる。そうなるとAIは進化して、人間は退化するってことにならないんでしょうか?

思考することさえ、人間はAIに敵わなくなる。
SFのパニック映画がそのまま現実になってしまうように感じます。

このまた10年後はどんな世界になってるんだろうか?



sihai.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月02日

「 朝の散歩 30_1102 」






寝ぼけた樹々は 慌てて化粧をした

淡いほお紅と 取りあえずのリップクリーム

人影を気にしながら 何事もなかったように

凛として たたずむ

こちらも 何事もなかったように

シャッターを 切った






sa_30_1102.jpg
ー金沢 兼六園(AM.7:34)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月31日

「 朝の散歩 30_1031 」






青空を 切り取る

切り取って ポケットに入れる

寂しい時 悲しい時は

そっと取り出し 雲のハンモックに 寝そべる

目覚めると 

現実の厳しさが 懐かしく思える





sa_30_1031.jpg
ー金沢 出羽町/石川県立歴史博物館(AM.7:41)ー



posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月30日

「 朝の散歩 30_1030 」







炎色の 季節

少しの 暖かさに 身体が向かい

小さな 温かさに 心が動く

冷たく凍る季節に 身構え

気力を 蓄える

心の炎も 絶やさぬように






sa_30_1030.jpg
ー金沢 主計町(AM.7:27)ー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月29日

「 爽快感 」






今年も雨。





昨日は、金沢マラソンが行われました。
カミさんは何と4年連続で当選して今年も完走したのですが、このマラソンは天候に恵まれませんね。今回もほぼ一日中雨でした。

自分は30代の頃から走って来たのに、いよいよ金沢マラソンが始まると言う前の年に腰を痛めて走れなくなってしまった。そもそも抽選も外れてしまってたんですけどね。

長距離走の苦しさを知っているのですが、その爽快さも知ってるから、皆さんが走る姿を見ているとやはり羨ましいのです。

マラソンはよく人生に例えられます。
歩くにしても走るにしても、前を向いて一歩一歩進むしかないのです。

一歩一歩、一日一日の積み重ね。
苦しい時は一旦立ち止まって休んでもいい。

物づくりもマラソンに似ているように感じます。
とにかく手を動かして作り続けるしかないのです。
ゴールが霧の向こうにあって見えないこともある。
でもそれを信じて走り続けます。

どちらもゴールした時の爽快感は良いものです。

片方の爽快感を味わえなくなってしまった今、やはりもう一方の爽快感を味わうしかないのです。


soukai.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月26日

「 朝の散歩 30_1026 」







一つ 一つ 積み上げる

作り続ける限り 希望は生まれる

完成が 目的ではない

天にまで届く バベルの塔を見るのではなく

目の前の 小さな道具箱だけを見る

立ち止まれば 積み上げてきたものまで 朽ち果てる




sa_30_1026.jpg
ー金沢 石引4丁目(AM.7:42)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月24日

「 朝の散歩 30_1024 」







神様の社に届く 想い 願い

赤い情熱の実も 燃え尽きて落ちる枯葉も

神様は全てを拾い パズルをするように 仕分ける

幸福の隣には 災いがあり その隣には幸運がある

それらが絡まって 人の人生

永遠に 完成しない パズル






sa_30_1024.jpg
ー金沢 東山/宇多須神社(AM.7:15)ー







 


posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月23日

「 朝の散歩 30_1023 」







家のかたち 家族のかたち

一人 二人 三人 四人

時間が流れ かたちはできる

・・・四人 三人 二人

一人になっても 思い出家族





sa_30_1023.jpg
ー金沢 尾張町(AM.7:19)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記